よくわかるレスベラトロール基本のキ

そもそもレスベラトロールとは

ここではレスベラトロールとは何かについて説明。注目を集めた経緯や働きなど基礎知識をまとめています。

レスベラトロールが注目されるわけ

ぶどう

レスベラトロールという名前を初めて聞くという方は多いかもしれません。レスベラトロールとはぶどうや赤ワインに含まれるポリフェノールの一種です。

ワインブームでポリフェノールの抗酸化作用については広く知られるようになったため、ポリフェノールなら聞いたことがあるという人もいるでしょう。

ポリフェノールには抗酸化作用の他に血液循環を健全化するなどの作用があることが知られていますが、レスベラトロールは特にこれらの作用が強力なため最近期待が高まっています。

レスベラトロールが注目されるようになったのは、1992年にセルジュ・ルノー博士がフランス人の心臓病死亡率が低いのはワインを飲む習慣が関係していると発表したのがきっかけになっています。

フランス人の食事は肉や乳脂肪など動物性脂肪を多く摂取しているにも関わらず心疾患による死亡が少なかったのです。これをフレンチパラドックスと言いますが、この時にワインに含まれるレスベラトロールが深く関係しているのではないかと考えられるようになりました。

その後の研究でレスベラトロールには、美肌効果や心臓病・糖尿病といった生活習慣病の予防効果、脂肪の蓄積を抑える効果などがあることがわかりました。

そんな中で最近特に研究が進められているのが、長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子を活性化させる効果です。レスベラトロールを摂ることで長生きできることが期待されているのです。

長寿遺伝子を活性化する効果に期待

サーチュイン遺伝子はどんな生物も持っているのですが、通常は眠っていて働くことがありません。

摂取カロリーを制限するなどして飢餓状態になると眠りから覚め、サーチュイン遺伝子が活性化することは従来から知られていました。しかし現代社会においてはその状態を継続することは困難と思われました。

レスベラトロールのサーチュイン遺伝子への作用を最初に明らかにしたのは2003年ハーバード大学のデービット・シンクレア博士です。レスベラトロールが酵母菌のサーチュイン遺伝子に直接作用し寿命を70%も伸ばすことがわかったのです。

その後2006年にはマウスでの実験が行われ、人間と同じ哺乳類でもレスベラトロールがサーチュイン遺伝子を活性化させることが科学雑誌ネイチャーに発表されてから事態は変わりました。

レスベラトロールを摂取すればカロリー制限をしなくても寿命が延長される可能性が高まったからです。

サーチュイン遺伝子が活性化すると様々な効果が期待できるようになります。ある実験データでは糖尿病患者がレスベラトロールを服用することによって血糖値の有意な低下が見られたという報告もあります。

以上のようにレスベラトロールは細胞の若返りや老化防止効果がある成分として期待が高まっています。まだ研究が始まってから浅いので不明な点も多いですが、今後もますます注目を集めることは間違いないでしょう。