よくわかるレスベラトロール基本のキ

脂肪をつきにくくする

ここでは脂肪成分への働きかけや脂肪燃焼などレスベラトロールのダイエット効果について解説しています。

カロリー制限なしで肥満対策

ダイエット

肥満対策というと食事を制限してカロリーを減らしたり、運動をして脂肪を燃焼させるといったことを考えるでしょう。

しかしレスベラトロールを摂取すればカロリー制限することなくダイエットが可能になるかもしれません。

少し専門的な話になりますが脂肪組織にはPPARγというタンパク質があり、これが司令塔となって脂肪代謝や貯蔵をコントロールしています。

PPARγが活性化すると脂肪細胞が大きくなって肥満を引き起こします。逆に考えるとPPARγの活性化を抑えることができれば太りにくくなるということになります。

PPARγは体内のサーチュイン遺伝子が活性化すると抑制されることがわかっています。サーチュイン遺伝子は通常は眠っていて活性化するためには飢餓状態を作り出す必要があります。

したがって厳しいカロリー制限をすることは肥満対策になるわけですが、身体に負担をかけるため長期間継続するのは困難です。

そこでもう一つ有効な手段として考えられるのがレスベラトロールの摂取です。レスベラトロールはカロリー制限なしでもサーチュイン遺伝子を活性化できるからです。

サーチュイン遺伝子は長寿遺伝子とも呼ばれ、レスベラトロールの効果として寿命を延ばす点ばかり注目されていますが、肥満対策にもなるのです。

脂肪を燃焼してメタボ予防にもなる

ある程度の年齢になると気になるのがメタボリックシンドロームです。内臓脂肪症候群とも呼ばれ、内臓の周辺に脂肪が溜まることが原因で起こります。

メタボリックシンドロームを改善するためには身体の代謝を良くすることが必要と言われています。レスベラトロールはそうした点でも役に立つことが最近の研究でわかってきました。

高脂肪食のマウスにレスベラトロールを投与する実験では、レスベラトロールを与えなかったマウスと比べて体重増加が抑制されるだけでなく、血中のインスリン値の上昇を抑えたりミトコンドリアの量が増えるという結果が出ました。

ミトコンドリアはエネルギーを燃焼させるため、量が増えて活性化すると脂肪も燃焼し代謝が良くなります。レスベラトロールが高脂肪食による影響を少なくするのです。

したがってレスベラトロールを摂取することがメタボリックシンドロームの予防にも役に立つということになります。