よくわかるレスベラトロール基本のキ

レスベラトロールの効果まるわかりサイト
【番外】若返り遺伝子(サーチュイン遺伝子)を活性化するには

【番外】若返り遺伝子(サーチュイン遺伝子)を活性化するには

ここではサーチュイン遺伝子を活性化するにはどのような方法があるのか。研究結果なども紹介しながら解説しています。

カロリー制限でサーチュイン遺伝子は活性化される

若返り遺伝子とも言われ老化をコントロールしているサーチュイン遺伝子はすべての人が持っています。

ところがこの遺伝子は通常はスイッチがオフの状態になっていて働きません。老化を抑制して寿命を延ばすためにはスイッチをオンにしてサーチュイン遺伝子を活性化させる必要があります。

サーチュイン遺伝子を活性化する方法としてはカロリー制限をして空腹状態を維持することが知られています。

アカゲザルの実験ではエサを30%減らすとサーチュイン遺伝子が働き、寿命が20~30%延びることが確認されました。またアカゲザルだけでなくマウスや魚、ハエなどの小さな生物でもカロリー制限すると寿命が30~50%延びることがわかっています。

人間の場合サーチュイン遺伝子を活性化させるためには摂取カロリーを必要量の約70%に制限して、その状態を7週間以上続けなければなりません。

カロリー制限をやめてしまえばサーチュイン遺伝子はオフになってしまうのはもちろんですが、厄介なのはカロリー摂取量を50%以下にしてしまうとかえって寿命が縮んでしまうということです。

常に70%のカロリー制限をキープしつつ、必要なビタミン・ミネラル類は確保しなければならないため、サーチュイン遺伝子を継続して活性化するのは現実的には難しいと考えられます。

レスベラトロールなら空腹にならずに活性化可能

これまでサーチュイン遺伝子を活性化させるのはカロリー制限以外にないと思われてきましたが、近年の研究で赤ワインやぶどうの皮に含まれるレスベラトロールがサーチュイン遺伝子を活性化することがわかりました。

高カロリー状態のマウスにレスベラトロールを投与するとカロリー制限をしなくてもサーチュイン遺伝子が活性化されて寿命が延びることがハーバード大学の研究で実証されたのです。

この他にも線虫や小魚などいろいろな生物で同様の実験が行われ、いずれも寿命が延びたという結果が出ています。

ということはレスベラトロールは老化を抑制するサーチュイン遺伝子に対して直接作用してカロリー制限をした時と同じ効果を得られるということになります。

ただ一般の食品からレスベラトロールを摂ろうとすると赤ワインくらいしかなく、含有割合が低いため1~2杯飲んだだけでは十分な量を確保することはできません。

この他、レスベラトロールと同様にサーチュイン遺伝子を活性化する成分としてパインリグニンがあります。

これは20cm以上の特殊な松かさに含まれる成分で、その活性化効果はレスベラトロールの3倍以上とも言われています。こちらも精製するのが困難で希少成分となっています。

したがってレスベラトロールやパインリグニンで若返り効果を得たいと考えるのであれば、サプリメントを活用して摂取するのが現実的と言えるでしょう。